お腹がスリムになるダイエット

お腹がスリムになるダイエット☆いくらダイエットしてもなかなかへこんでくれないポッコリお腹。そんなお腹がスリムになるダイエットとは?
トップページ >
ページの先頭へ

お腹に蓄積されている内臓脂肪

お腹に蓄積されている内臓脂肪の燃焼を促進するダイエットで、お腹を引き締めてスリムになりましょう。内臓脂肪の蓄積によって出っぱったお腹は見た目もよくないので、内臓脂肪を燃やして、お腹のシェイプアップを目指しましょう。

内臓脂肪とは、内臓の周囲にくっついている脂肪のことで、お腹の中にあります。カロリー過多な生活をしているとすぐに内臓脂肪は増加しますが、逆に、運動などで減らすこともやりやすい部分です。

食べ過ぎは内臓脂肪の増加に直結します。内臓脂肪が増加すると、下腹部が膨らんで太って見えるようになります。逆を言えば、食生活を改善するだけの健康的なダイエットで、ぽっこりお腹を解消することができるのです。極端な食事制限は逆に身体にとって良くありません。油ものや、肉類を食べ過ぎないように心がけることで、ダイエット効率を高めることができます。意外と高カロリーなものに、間食として食べるおやつがあります。

スナック菓子や、チョコレート菓子などは案外と油分を多く含んでいますので、食事を節制していても、おやつを摂りすぎては意味がありまらん。内臓脂肪を増やさないために、間食の機会はできるだけ減らしましょう。ダイエット効果を上げるには、食事メニューを改善するだけでなく、運動を習慣づけることも効果的です。

ハードな運動はしなくてもいいので、ウォーキングくらいの軽い運動を続ければ、体脂肪の燃焼が促進されて、内臓脂肪が燃えやすくなります。脂肪が燃え始めるのは運動を始めてから20分後くらいですから、毎日20分以上ウォーキングなどの有酸素運動をするのが効果的です。

内臓脂肪が多くある人

内臓脂肪が多くある人は、将来病気につながる可能性があるので、ダイエットをして早めの対策を取る必要があります。体重はさほど多くなくても、内臓脂肪量が多い人もいますので、見た目の印象だけで内臓脂肪量を量ることはできません。

ダイエットを始めたのは、お腹の膨らみが気になり始めたからという人は少なくありませんが、どんなダイエットが内臓脂肪を減らせるでしょう。体重計で計測をして、自分自身の体重や、体脂肪量について、チェックしてみましょう。体の中で内臓脂肪の量が多くなると、動脈硬化リスクが高まるだけでなく、高血圧や、高血糖の症状も現れます。

内臓脂肪を少なくするためには、食事内容を見直すことと、運動量を増やすことの、2方向からのアプローチが大事です。食生活の改善も運動不足の解消も、どちらか片方ばかり頑張っても、効率が悪く、結果が出にくいので挫折しやすくなります。ご飯を食べる時に、低カロリーのものから順番に食べることで、血糖値の上昇を防ぐことが可能です。

海草や野菜を食べて、それからカロリー高めの肉や白米を食べます。まずはカロリーが多くない料理を食べて、胃袋を物理的にいっぱいにしながら、食事を摂るようにするといいでしょう。運動量を増やすことで、体が必要としているエネルギーを、食事などで摂取した脂質や糖質を燃やすことが得ます。

有酸素運動をする時には、短くても20分以上の運動をすることで、血液中を巡っていたカロリーだけでなく、内臓脂肪もエネルギーにしようとします。
Copyright (c) 2014 お腹がスリムになるダイエット All rights reserved.